ホスピスの医師は忙しい?

ホスピス医師求人TOP >> FAQ >> ホスピスの医師は忙しい?

ホスピスの医師は忙しい?

医師の転職先の中には一風変わった業務を行うところも多く、ホスピスも病気や怪我の治療を行うわけではなく、痛みを和らげて最後の時まで穏やかに過ごすためのケアを行う特殊な職場として紹介されています。そして特殊な業務を行う職場は業務形態の違いから楽に仕事ができるところがあると考える方も少なくないそうで、のんびりと働くことが出来そうならホスピスへの転職も視野に入れるという方も見られます。果たしてホスピスの業務は忙しいのでしょうか。

ホスピスの業務なターミナルケアをメインとしたものとなっており、常に治療に追われるような仕事ではないと思われがちですが、症状が重い末期がん患者などは医師の助けを必要とすることも多く、それなりの忙しさを感じることは間違いありません。その上ターミナルケアの経験が少ない医師の場合ははじめての経験が多く戸惑うこともあるでしょう。それを考えるととても楽な仕事とは言えませんが、非常に遣り甲斐があり、多くの経験を積むことが出来る職場であることは間違いありません。

ホスピスでの医師の業務は心のケアに対して深く考えることが求められます。末期がんなどのもう余命幾ばくも無い患者は精神的に大きなダメージを受けていることも珍しくありませんし、その後の生活をどう受け止めるかも人それぞれでまったく違います。そうした患者一人ひとりの精神状態や考え方を考慮したケアが求められるため、単純に様々な病気や怪我の治療のために動き回るのとはまた違った大変さに悩まされるかもしれません。

ホスピスの業務は精神的に辛いと感じさせることが多くあるといいます。患者の病気やがんなどの一部の病気に限定されているため、治療のために求められる知識はそれほど無いかもしれませんが、それ以上に患者や患者の家族の精神的なケアを行ったり、患者が近いうちに死亡することがほぼ確定しているような職場環境で働くことに精神的な負担が掛かるという方が少なくありません。そのため忙しいと感じることは無くても病院勤務時代のほうが精神的に楽だという方も中にはいるでしょう。

ホスピスでの業務は単純な忙しさ云々よりも勤務中に出る精神的な負担に関して考えたほうが良いでしょう。適正が合わない方の中には早期退職してしまう例も珍しくないので、そうならないようにホスピスで勤務できるかどうかを考えてみましょう。医師専門の転職サイトでは専属コンサルタントによるカウンセリングを受けることができるところもあり、適性についての相談を行うことも出来るので、ホスピスの転職を検討している方はまず適正があるかどうかの確認から初めてください。

ホスピスの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 ホスピス医師募集ガイド All Rights Reserved.